ZOFF(ゾフ)の眼鏡を作ってみた感想、評判 | えすろぐ

ZOFF(ゾフ)の眼鏡を作ってみた感想、評判

ZOFFで眼鏡を作ったので、仕上がりや使い心地などをまとめました。

ZOFF SMARTを購入

今回はZOFFの公式ブランドの『ZOFF SMART』を購入。

フレームが軽くて柔軟性が高いので、
つけ心地がよい、使用中に踏んづけても割れないということがウリの商品です。

私は子供の頃から強い近視で、普通に眼鏡を作るとレンズが分厚くなるので、フレームが小さいという点を重視してSMARTシリーズを選びました。

かかったお金

15000円ほど。
フレーム代9000円+レンズ代(薄型変更)6000円くらいです。

レンズは初期段階では0円ですが、
薄型レンズや遠近両用レンズ等に変更すると追加料金がかかります。

私は初期段階の厚みではとてもじゃないけどかけていられないので薄型レンズ一択でした。

フレームやレンズの質など

基本的に安っぽいです。これは値段なりなので特に文句はありません。
眼鏡をおしゃれ用のツールとして使用し、よく買い換える人にとってはとてもコスパが良いと思います。

また、SMARTはとても軽かったのですが、その他のフレームは少し重めに感じました。

接客

当たりハズレが大きいです。
基本バイトの方がやっているので期待はしないほうが良い感じです。

最初のかけ心地

出来上がり時のかけ心地はなかなかよかったです。

軽さ重視で選んだので肩がこるということもありませんでしたし、鼻当てのところも跡がつかなくてよかった。

しばらくかけていると吐き気が…

家に帰って、ZOFFSMARTをかけながらスマホやTVを観ていると、
徐々に吐き気がするようになってきました。

車酔いのようなじわじわとやってくる吐き気のような感じです。

眼鏡の度を少し上げたのでそれが原因かと思って度数を変えてもらっても治らず。
(近視の場合、眼鏡の度数が変わるとバランスが変わって少し気持ち悪く感じることがあるようです)

フレームの見た目は好きだったので、その後何度か度数交換をしてもらったのですが改善せず、泣く泣くSMARTを使うのを諦めました。

フレームが柔らかいせいでレンズの角度も歪む!?

結局原因が分からないままだったのですが、
1年後くらいに東京の眼鏡の老舗の名店さんに寄った時にその眼鏡を見てもらったんですね。

すると、その眼鏡屋の店員さんが、「あぁ、これは吐き気すると思うよ。だってレンズが曲がって入ってるもの。そこの店員さんこれで何も言わなかったの?」とおっしゃったのです。

これだけだとどういう意味なのか分かりにくいと思うので、図で説明します。


眼鏡をお持ちの方は一度ご自分の眼鏡を確認してみていただきたいのですが、
基本的にツル、両目のレンズからもう片方へのツルは綺麗に真っ直ぐになっていると思います。


私の持っていたSMARTは、こんな感じでツルと両目のレンズが弧を描くように曲がっておりました。

近視の矯正用に使うレンズは凸レンズで、端に行くほどレンズが厚くなる構造になっています。

SMARTはツルが柔らかい為、レンズの厚みのせいで端が強く引っ張られてこうなっているとのこと。

普通のフレームはしっかりと固いのでレンズの厚みに引っ張られることはありません。

このようになっていると、目に対してレンズの角度が変わってくる為、見え方も異なったり場合によっては近視も進むとのこと。

つまり、ド近眼の人はレンズが厚みが強くなるため、SMARTに不向きということです。

近視の矯正レンズが-5.00以上になってしまう人はSMARTはやめましょう!