テイルズオブエクシリア プレイ感想 | えすろぐ

テイルズオブエクシリア プレイ感想

昨日【テイルズオブエクシリア】をクリアしたので、その感想を書いてみたいと思います。

【注意】どちらかというと批判が多いので、エクシリアが好きという方にとってはあまり気持ちのいい記事ではないと思います。

事前情報について

そもそも、私がテイルズオブエクシリアをプレイしたのは、エクシリア2をやるためという理由があります。

もともとテイルズオブシリーズは好きで、古いシリーズはほとんどやったことがあったのですが、PS3は本体がなかったのでグレイセス~エクシリア2は購入候補に至りませんでした。

PS4がすっかり浸透した2018年、かなり安くPS3本体を購入できたのでそれまでできなかったグレイセスF・エクシリア・エクシリア2の3作を購入。

グレイセスFは実質完全版ということもあり中古送料込みで600円、エクシリアは300円だったと思います。(本体価格1円で送料300円ということでほぼ底辺の価格。)

OPがまとめられた動画などのユーザーのコメントも見ていたこともあり、無印エクシリアの評価が全体的にあまり良いものではないことは分かっていました。

エクシリア2が、過去改変で面白そうなテーマだった、そして評判もなかなかよかったのでプレイしたくなったものの、シリーズものなら初代からやるべきだろうという考えで、いわばエクシリア2の踏み台のような感覚で無印エクシリアを購入。

なので、そもそも期待値は高くなかったのです。

戦闘・システムについて

テイルズシリーズでは、キャラデザがいのまた氏のパターンと藤島氏のパターンで開発スタッフが異なり、戦闘・システム面に影響が出るというのが通例ですが、今回は2人主人公であり、それぞれキャラデザが異なるため、どっちよりのシステムなのか購入前にわかりかねました。

プレイした結果、どちらかというとシステム面は藤島テイルズ寄りでしたね。個人的には戦闘・システム面はいのまたテイルズのほうが好きですが、今回のエクシリアはなかなか良かったのではないかと思います。

今回新しく実装された味方キャラとのリンクシステムが優秀。リンクアーツもゲージが貯まりやすかったので簡単に使えて快適でした。

ただ、このリンクシステム、一昔前にスクエニで発売されたラジアータストーリーズを思い出して仕方がないですね。

オートアイテムも便利だったし、味方のサポート能力も高かったです。PTが壊滅しそうだったらいつの間にか持ち直してたり、キャラが倒れたらすぐレイズデッドが飛んできたり。

ジュード編で始めたので操作キャラはずっとジュード。格闘キャラだったのでちょっと不安でしたが、従来のシリーズに比べると戦闘時のキャラの重力が軽めに作られてる感じで、キャラがサクサク動くし爽快感もありました。

キャラの重力が軽めという表現はプレイしていないとちょっとわかりにくいですが、キャラがふわふわしてる感じかな。一つ前の藤島テイルズということでヴェスペリアと比較すると、どっちかというともっと足の速いジュディスを操作してる感じ。

キャラのステップの長さも広いし、すぐ敵との間合いを詰められるんでストレスがありません。

リリアルオーブやスキルセットシステムも既視感はあれど面白かったです。R3でのどこでもルーラもよかった。

戦闘・システム面はほぼ満足です。むしろ藤島テイルズで一番好きかもというレベル。

キャラ・ストーリーについて

ジュード編しかやっていないのでジュード編のみの感想になります。

ストーリーはけっこうひどい。いままで10数本のマザーシップタイトルが発売されているので、好みによって合う合わないはありましたが、ここまで主人公に感情移入できない作品は初めてだった…

ジュード君は卒業間近の医学生で、ストーリー開始時の患者の様子からも優秀な学生ということが伺えます。そんな学生が、ミラと名乗る女性についていったことで指名手配犯となり、引いては世界を救うことに繋がります。

この設定だけ見ると普通のRPGという感じですが、キャラクターと心理描写が悪い(もしくは足りてない)せいで、え?え?という展開が多いのです。私が積極的にスキットを見ない派なのでそういう理由もあるかな?

最初の巻き込まれについて。

【クルスニクの槍】という機械をぶっ壊しに来た見目麗しい女性・ミラ=マクスウェルがジュードが在学している大学の管轄の研究所に入っていくのを見て、勝手に世話を焼いて共謀犯になるって感じ。この時点で、ん?となる。

例えば、ミラがジュードに研究所の鍵を開けてもらうために利用したとかならまだわかります。ジュードが鍵を持ってて、無理やり鍵を開けさせたとか、騙してクルスニクの槍の在り処を案内させたとか。

でもそうじゃないんです、ミラはずっとジュードのことを度外視していて、危険が及ばないように「君は家に帰るといい」と促してるんです。ミラは一度もジュードを頼ってないし、少なくともクルスニクの槍に四代精霊を捉えられるまではめちゃめちゃ強いんです。ジュードに襲いかかってきたアグリアを瞬殺するほど。

確かにその前にジュードの恩師であるハウス教授が研究所から帰ってこないから、ハウスを探す事情があったのですが、研究所でハウスの遺体を見つけたときも割と反応が軽い。

ハウス教授…?と驚いておきながら、その後駆けつけたミラと普通に会話したり、精霊って何?とか完全に興味が移ってます。

そこからはもう完全にミラが綺麗な女性だから、という理由でホイホイついてきただけのようにしか思えないのですよね。研究所から追われて船で逃げてしょんぼりしだすんですけど、「うん、まぁ君ついてこなくてよかったよね…?」としか思えんのですよ。やむを得ず巻き込まれた、という感じではない。

ミラはミラで自分の使命を果たそうとしているだけだし。ミラもどんどんジュードのことを重宝するようになりますが、最初は別にどうでもいい存在だったでしょう。

基本的に歴代のテイルズでは主人公が出生の地を追われるのが通例ですが、彼らは彼らなりに納得できる事情があったものの、(だいたいが本人のせいではなく、生い立ちや悪意のある人や不思議な力に巻き込まれるのが原因)ジュード君だけはマジで理解できなかったです。

これでジュード君がただのヘタレとか子供ならまだなんとか…でも仮にも医学生ですでに患者を診ているような立派な立場の人とは…(クリアして調べてから気づきましたが、ジュード君15歳なんですね。普通に19歳くらいはいってるかと思ってました)


以下ネタバレしまくり。

ローエンとレイアは全編通していいキャラでしたので不満はありません。ローエンは執事キャラによくありがちな、立派な経歴を持つ厳しさと優しさを兼ね備えたダンディおじさまという感じで、かなり狙ったキャラではあるものの嫌な感じはしませんでした。

レイアはキャラデザも好きでかわいい。パット見うるさくて我の強いキャラかなと思ったら、他人のことを考えられて、自分でいろいろ判断して動けるいい子だった。エリーゼに喧嘩の勢いとはいえ「足手まとい」って言われたときははぁ?となりました。ジュードのこともありなんか不遇な子。なんで最後いきなり看護師やめちゃったのかは謎でした。サブイベあまりやってないのですがフラグが建ってたのでしょうか?

あと、メインキャラではないもののジュード君の父親がキングオブまともで、それに反発しているジュード君が微妙に感じてくる。うん、まぁ真面目に医学生やってた息子が卒業間近で変な女(人間ですらなく人に信仰される神のような存在)についてったせいで退学になったら説教もしたくなるよね、と。この親父はテイルズ界の主人公の父兄の中でトップクラスにまとも。

ミラについて。彼女のキャラは設定上よかったものの、キャラデザと雰囲気作りに失敗しているような気がします。実は人間だったものの、彼女はもともと精霊マクスウェルっていう設定なわけですよね。

歴代テイルズで精霊と言えば、人間とは相容れない、異形の存在だったわけです。なんかよくわからんけどすごい力を使役していて、契約をすると召喚に応じてくれるすごい存在。

セルシウスはちょっと萌えキャラ寄りでしたが、基本的に精霊でイメージするのは人間の姿ではない感じ。すくなくとも今風(?)のセクシーな衣装を来た綺麗なお姉さんではない。そもそももっと古い作品やってたらわかりますがマクスウェルってジジイだったし。実際今回もジジイでしたけど。

ミラのキャラデザ自体は良いと思います。でも致命的に精霊っぽさが足りない。

ミラってパット見だと強い信念を持った凄腕の女魔法剣士みたいな印象を受けます。FF6でいうとセリスみたいな。彼女は魔導研究の被害に逢い、女を捨てて軍の要人として働くわけですが、ロックという男と知り合って徐々に女らしくなっていく。かっこいい、綺麗、女性特有の弱さを兼ね備えた、良いキャラをしています。

でも、ミラは精霊なのでそういう魅力とはちょっと違うと思うんですよね。もう少し神秘的な要素が必要。作中では、ミュゼがいい感じに精霊していると思います。見るからに異形の存在。メンヘラ化してからは顔芸になっちゃうミュゼですが、神秘的な美しさはあると思います。やっぱ服がダメかな…ただの綺麗なお姉ちゃんだもんなぁ…

そんなこともあって、ミラが人間らしくないことを言っても、ただの非常識人のように見えてしまう。
ジュードに異性的な意味で好かれてしまう。いやあの精霊だよ?途中でミラが消えてジュードが病んでるのも、信仰対象が無くなって病んでる人にしか見えない。依存って感じで怖い。ミラミラうるせぇ!結局人間だったから良いんですが、ラストの恋人つなぎもちょっと気持ち悪く見えてしまう。

上手く言えないのですが、彼女を綺麗なお姉さんとして扱えば良いのか、精霊として一歩引いた感じで扱えば良いのかわからんのですよね。わからんのにPTキャラがミラを盲信してるからなんかすごく怖いんですよ。このゲームの人間関係。


アルヴィンについて。彼は声がいい意味で気持ち悪かったです。裏切りキャラなので賛否両論別れるキャラだと思いますが、私は特に不快感はなかったです。

むしろ、何度も裏切られてるのにその都度受け入れて、不平不満言ってる主人公達にモヤっとする。いやそこまで裏切られてるならもう仲間にせんでええやんwwwwみたいな。

憎まれるべきキャラですが、彼はまだ行動原理が理解できるのでそれほど違和感はなかったなー。

エリーゼはまぁ特に思い入れはありませんが、ティポの一言がけっこう意地の悪い感じで不快になることはあった。レイアに足手まといって言った時、完全に悪意がありますよね。

イバルについて。彼はなんか、動きがコミカルなんだけどジュードを妬む気持ちがすごくねっとりしていて気持ち悪い。それらがアンバランスすぎて、ネタみたいな動きしてても全く笑えない。
こいつ要る?と感じました。勝手にクルスニクの槍使うし。


その他にもストーリーのツッコミどころはいろいろ有りましたが、とりあえずひとこと言いたいのは

ガイアスがいい人すぎて、この人が主人公でよかったよね。って話。

ソレに尽きます。エクシリア2は面白そうなので期待。