劇場版名探偵コナン【ゼロの執行人】観てきた!ネタバレ感想 | えすろぐ

劇場版名探偵コナン【ゼロの執行人】観てきた!ネタバレ感想

4/15に名探偵コナン劇場版【ゼロの執行人】を観てきました。その感想です。

[aside type=”boader”]本感想は、批判を含みます。ゼロの執行人を最初から最後まで大満足で観た!という方はご覧にならないことをおすすめします。また、本記事はゼロの執行人以外の他作品のネタバレも少し含みます。[/aside]

自己紹介

こういう感想は見ている層の属性にもよると思いますので、最低限の自己紹介はしておきます。

不要な方は飛ばして下さい。↓

コナンは私が小学校1年生の頃にアニメになり、その頃から観てきました。

劇場版は一応全て観ました。実家がど田舎で映画館が遠くて、小さい頃の映画はほとんど生では観てませんが…

好きな映画は

  • 時計じかけの摩天楼
  • 瞳の中の暗殺者

です。
自己紹介は以上、感想に続きます。

大まかな感想

終盤手前までは、「今回は糞回では…」と思ってましたけど、最後の安室さんに全て持ってかれたという感じ。

安室さんの活躍で全ての不満がチャラになりました。

推理パート…最悪、アクション…最高、という評価です。

中盤の中だるみがすごい

今回の映画は、最初のとっかかり→事件が起こる→推理パート→アクションと言った、比較的オーソドックスな展開でしたが、残念ながら推理パートは微妙と言わざるを得ないです。中盤は退屈で、もうなんでもいいからアクションパート早く来て…と思ってました。

アクションはすごいけど推理パートは微妙というのが最近の劇場版コナンなので、推理パートに対して期待はしてませんでしたが、やっぱりそうか…と。

私が行った劇場では小学生くらいのお子さんの客が多かったですが、しきりに身じろぎしたりして、退屈そうにしているのが見て取れました。

とにかく説明パートが多いんです。

中だるみした一番の要因はこれです。

そもそも公安警察という一言は説明し切れないような団体のキャラが主軸にいるので、話が難しくなってしまうのは仕方ありませんが、ひたすら説明パートなんです。

東京サミット、公安警察という組織、VOT、NAZU関連など、コナンや周辺のキャラにひたすら説明させている、という感じ。

説明は挟んでも良いのです、ただ、少年探偵団とか蘭とか、もっと身近なキャラに質問提起させるとか、単なる説明じゃなくて話を動かす上で客に仕組みを分からせていくとか、そういった工夫はできたよなーと。シャーロック・ホームズでいうワトソン的な使い方をすればいいのに、(原作だとそれがお家芸なのに)上手く使えていない。

警視庁の会議で、その事実が羅列されているだけ。話が分かっている上層部だけで話が進んでいくだけ。だから多分子供には分かりづらい。

展開やシーンを挟む順番のセンスがない

単なる一般人の私に、監督や脚本家を叩く資格はないのかもしれません。

しかし、敢えて言います。素人の私に分かるほど、今の脚本家にはそういうセンスはない。もしくは私には合わない。

私は、名作と呼ばれる日本のアニメ(もしくはゲームなどのストーリー展開)には、まずクライマックスありき、そこに向かってどんどん伏線を張っていき、最後に収束する部分が素晴らしいと思ってます。

イメージはトーンの集中線のような感じ。

真ん中に向かって、全てのシーンが収束しているのが個人的にはいいストーリー。

このルールを裏切って良いのはスポーツアニメとほのぼの日常系アニメのみです。ファンタジーは基本裏切らないほうが良い。

例えば、私はシュタインズゲートというアニメ(原作ノベルゲーム)のストーリーを高く評価していますが、あれは一つ一つのシーン全てがクライマックスを引き立てています。

スタッフの方が展開構成を少しでも怠っていたら、「俺は鳳凰院凶真だ!」と手を掲げるシーンであそこまで視聴者(プレイヤー)を感動させることは出来ないでしょう。それも、スタッフの方が終盤ありきで計算しつくして途中のシーンを挟んでくださったおかげです。

コナンにも、そんなお手本のような構成の映画はたくさんあります。

そういった部分が一番秀でているのはやはり時計じかけの摩天楼でしょう。ラッキーカラーは赤、というワードをちょくちょく挟んできたからこそ、最後に蘭が切るのは赤い導線でしょ!?と思わせ、そこからどんでん返しの「赤い糸は繋がっていたいじゃない?」でキレイに締まるんですよね。

今回だったら、一番盛り上がるのは安室さんが「僕の彼女はこの国さ!」(セリフ少しあやふやです)と言って車を発進させるところでしょうか。あの部分を引き立てるために、安室さんの彼女を匂わせるシーンを増やしていったり、安室さんの心情がもっとわかるシーンを挟むとか…コストコっぽいとこにいた梓ちゃんがそうだったのかもしれませんが、あれは単なるギャグパートにしか見えなかったです。

安室さんのプロフェッショナルぶりは前々から分かっていたけれど、国が恋人さ!みたいなことを言うような情熱的なキャラだけ?あれ?と思っちゃいました。スコッチに対する仲間意識は相当なものと思ってましたが。

推理パートにしても、もう少し橘 境子(CV上戸彩)という人物をよく分かるようなシーンを増やすべきだった。犯人のミスリードとして使うのは悪くありませんが、終盤の「見くびるな!」(こっちもちょっとあやふやです)といきなりキレたところは、「えぇ…なんだこの女…」という感想しかわきませんでした。

ちょっと思ったのは、アニメで感情移入させるならやっぱ美人キャラに設定したほうがいいかなーと。特にコナンだと美人キャラは強くて頭がいいけれど、微妙な容姿のキャラはストーリーで重要な役割は担わないという定石なので、今回も適当にミスリード役か犯人役させてフェードアウトさせて安室編に突入するんだろうと思っちゃいましたから。

あんなりがっつり橘 境子に意思表示させると思わなかった。だから感情移入できない。上戸さんの演技は良かったと思います。上戸さんは美人女優なんだから本当に美人キャラに設定すればよかったのに。

あと、流れ的にあそこは羽場さんが生きてたよ!よかった~って単純に喜ぶ場面じゃないのかな・・・?少なくとも私にはそう取れましたが。

美人で性格も良さそうで、コナンと蘭のからみをもっと増やしてれば、あんな良い人がブチキレるなんて、よっぽど苦しい思いをしたんだろうな。公安警察はそこまでひどい手段を取らなければ任務を遂行できないんだろうな。と納得できましたよ、多分。だからこそ安室さんの「どれだけ恨まれても彼女を最後まで守れ」というセリフも引き立つのです。

上戸さんとは逆で、羽場さんの声優が浮いてたかな。なんか声が浮いてたせいか迫真の演技がものすごく怖くて、そりゃ罷免されますわ…と別の意味で納得しちゃいました。

あと、なんで突然アガサ博士邸でライブ映像してんの?あのシーン、羽場さんらしき人がアガサ博士邸に来た描写を少しでもしていれば印象はぜんぜん違うと思いました。(顔は見えないけど、足だけ映すとか。)

最後のアクションシーンはよかった

不満は尽きませんが、最後の安室さんのシーンでチャラになりました。

公式の特報映像より拝借。

ここの顔ね!!ほんとにイっちゃってる顔がよかったね!!!

いつも通り超人アクションで「いや、そうはならんやろ」と思いましたが、安室さんがかっこよかったのでよかった。(小並感)

アクションシーンだけはここ最近では一番好きかも。

でも、なんでこんな非常事態に電車走ってんだ?とは思いました笑

コナンキャラはもう家族みたいなもので、特別な感情はわきませんが、安室さん回をもう一度見返そうかなと思うくらいには惚れたかもしれない。

以下、細かいツッコミどころを覚えている限りで羅列していきます。

細かいツッコミどころ

言葉は汚いですが、基本コナン好きなので許して下さいね。

東京サミットっていう設定にする必要あった?

公安が動くためにそういう設定にしたのかもしれませんが…私には別に東京サミットじゃなくてもいいよね?と感じられました。

あと、一回事故起きてるのにまだサミット開催しようとしてることに笑ったwww中止しろよwww

アガサ博士クイズが意味わからんかった

今回のクイズ適当すぎない?

コナンの盗聴に対する危機感が薄すぎる

コナン「なんかスマホの電池の減り速いな~」じゃねぇよwww一度でも自分のスマホ手放したことに対して疑問抱いて…

あんな大きなもん落として気づかないわけないやろ!!!あ、俺のスマホじゃねーよwww

蘭が他力本願すぎる

お父さんが逮捕されてるのに何してんのよ新一ィ!ってひどいwww最近の蘭は新一を頼りすぎ。

昔の蘭なら、自分でおっちゃんが犯人でないという証拠を自分で見つけようとしたり、(目撃情報を探すとか)実力行使で風間に挑んでったと思う。あれは蘭の行動としてはおかしい。

コナンの目の前で「こんな盗聴器…誰が…」ってギャグか!

いや…風間さん盗聴器くらい気づこうよ…

なんでコストコの棚で話してんの?

機密情報はもっと人気のいないところで話してね。

高木刑事も、目暮警部も公共の場で企業秘密話すなよ。

あれで安室さんに「聞いてたの?」なんて追求できる資格はない。

ドローンって私有地以外で飛ばしたらダメだよね?

しかもあんなものを少年探偵団に運ばせるなよ…

ネットに接続されている電化製品は軒並み故障してるのに、なんでドローンと灰原のパソコンは無事なの?

阿笠博士の超絶技術?

 

以上です。

来年も映画観にきまーす!