キミガシネ ネタバレ感想 part2 登場人物紹介 | えすろぐ

キミガシネ ネタバレ感想 part2 登場人物紹介

キミガシネ第2回です。

今回は登場人物の紹介をしていきます。

登場人物紹介

主人公のサラと、幼馴染のジョーは前回紹介しているので割愛します。

三島和巳(ミシマカズミ)

高校教師。国語と美術担当。怪しい雰囲気で、みんなにこんなのが高校教師なんて世も末と発言されています。

八分雨澪子(ヤブサメレコ)


シンガー・ソングライター。名前の漢字の難読具合がひどい。芸名?

ジョーが雑誌で見かけたことあるくらい名が通っているようです。

篠木敬二(シノギケイジ)


警察官です。何らかの事件の捜査中に拉致されたようです。

基本的に彼が仕切ってくれるみたいですね~。彼は物語進行役としてしばらく生き延びる気がする…

佐藤戒(サトウカイ)


本人曰く何の変哲もない主夫。その割にはファンタジーに出てきそうな派手な容姿をしてますが…

なんとなく、サラちゃんは会ったことあるような気がしているみたいです。流れ的には彼がストーカーみたいですが、ミスリードかもしれません。

バーガーバーグQ太郎


直前までのネーミングセンスとはうって変わって、ネタみたいな名前の人。名前的に割りと序盤で死にそうですがどうなるのでしょう。

野球選手で、チームの2軍に在籍しているようです。

絵心菜緒(エゴコロナオ)


三島の教え子で今は美大生。三島を尊敬しているようで、周りに三島が疑われるたびに「良い先生なんです!」とかばっています。

三島と一緒にこの場所に連れてこられたようです。

飯伏銀(イブシギン)


イブシギンって…

小学6年生で、語尾にワンやニャンを付けるところが特徴。猫のきぐるみをかぶってます。最初は女の子かと思いましたが、男の子みたいです。

日和颯(ヒヨリソウ)


草食系(?)イケメン枠。フリーターで、言動に自信のなさが現れています。

今後出番が増えてきます、準レギュラーな役どころなのでしょうか。終盤まで生き残ってくる可能性は高いですね。

木津池神奈(キヅチカンナ)


初対面からずっと何かに怯えていた女の子です。

中学生で、姉と一緒に誘拐されました。サラ達と同じく第一の試練を受けたようですが、失敗してお姉ちゃんは亡くなったようです。

以上、サラとジョーを含めて11人でゲームを始めていきます。

現時点で気になること

サラとジョー、三島と菜緒、神奈と姉のようにペアで拉致られるパターンが多いようですが、全員が全員そういうわけではないみたいですね。

もしくは、本当はペアなのだけど隠しているか、パートナーを見殺しにしたことを話しているかどっちか。

とりあえず、当面はこの謎が手がかりになってきそうですね。

今回は以上です。